ハイヤー・タクシー業界専門情報紙  株式会社 交通界
2019年4月15日

    交通界WebNews
 
トップページ
バックナンバー
購読のご案内
採用情報
会社概要・沿革
広告のご案内
 



「週刊交通界21」毎月4回情報発信

「週刊交通界21」

毎月4回情報発信
 今年3月7日に開催された未来投資会議(議長=安倍晋三首相)での安倍首相による自家用有償力運送の拡大方針はタクシー業界内にさまざまな反応を引き起こした。タクシーの進化を訴えてきたタクシー業界の主張が受け入れられたというのが全タク連の公式見解になるが、個々のタクシー事業者の中にはやはり、「これでは三ヶ森タクシーの提案が実現してしまうのではないか」との危惧の声も根強い。そうした中、足元ではさる4月3日に開催された政府のシェアリングエコノミー検討会議(主査=安念潤司・中央大学大学院法務研究科教授)では、内閣官房シェアリングエコノミー促進室が3月22日に取りまとめたシェアリングエコノミー活用事例集(2018年度版)「シェアニッポン100〜未来へつなぐ地域の活力」が紹介されている。同事例集は昨年2017年度版が取りまとめられ、好事例として他の自治体で参考にできそうなものを全部で100件に至るまで収集、紹介していこうというもので、昨年度版と合わせ18年度版のとりまとめにより全部で76事例に達した。この中から自家用有償旅客運送やそれに類するものを紹介してみたい。
<記事詳細へ>
No.768 4月15日  主な内容
■巻頭人物:大田 弘子氏(規制改革推進会議議長)
■気になる数字:2.05件  
    法人タクシー車両1万両当たりに換算した死亡事故件数の全国平均
■トピックス
:自家用有償旅客運送の拡大は?
         〜「シェア・ニッポン100」76事例に増えたシェアエコ好事例
:国家戦略特区でも「NPO絡みしか」
         〜滋賀県大津市の自家用有償提案巡って片山・規制改革担当相
:配車アプリは依存症になると抜けられなくなる
         〜大タ協元経営委員長・牛島憲人氏
:5・5→5・2 運賃改定待たずに 〜敷島交通(大阪市)・松永寛子社長
:<シリーズ> 2019春闘―産別・労組はいま 〜全国中立労組政策推進会議
:働き方の実相を多面的に集計・分析  〜タクシー乗務員1万人アンケートから
■東西往来
:不足金減額以上に伝えたかったこと / 新時代で職務・役割に変化?
■この人この言葉
:保岡 政利氏 / 舞弓 義隆氏 / 成川 邦彦氏 / 藤本 和往氏
■シャッターチャンス
:自家用有償旅客運送の前提防衛 / 改善を繰り返してこそ高評価に
:新時代の「移動」に思いを馳せる / フリーターと「Win・Win」
速さ+確かさ
交通界ファックスプレス(『交通界21』特別サービス号/ 週3回配信)
Faxpress 関東版
 MaaS対応を本格化へ
   原資確保、データ提供のあり方など検討
    関自無協理事会で高野会長

【 東京 】関東自動車無線協会(高野公秀会長)は11日、千代田区の自動車会館で19年度第1回理事会を開き、5月16日に千葉市の東京ベイ幕張ホールで開催する19年度総会提案議題の18年度事業・決算報告、19年度事業計画・予算案および役員の一部改選、功労者表彰などについて承認した。高野会長は昨年の大阪北部地震、北海道地震など災害時に交通網がマヒした際に通信の役割がクローズアップされるなど、タクシー無線などによるスムーズな情報伝達による安全確保情報が重要だとし、改めて「協会としては常日ごろから災害に備えた体制整備を図る活動をしていく」と強調した。
 また、スマホアプリ配車について高野氏は「海外ではもう一段進化したモビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)の新しいサービス形態が登場し、(無線事業に)直接影響を及ぼし、近い将来に取り入れざるを得ないサービスになっていく」とし、その上で「MaaSに参画していくにはそれぞれが持っているデータ、車両の位置情報、運行履歴などの情報を開放し、MaaS事業者が使いやすくすることが条件になる。われわれ… <記事詳細へ>
〔4
月13日号関東版掲載〕 

2019年4月13日号 関東版 ニュースヘッドライン
【 東京 】MaaS対応を本格化へ/原資確保、データ提供のあり方など検討/関自無協理事会で高野会長
【 横浜 】初乗り短縮運賃、評価と期待/神タ協・伊藤会長「利用者にPR」
【 東京 】特区・武三と多摩、運収総額で明暗/東タク協 2月の全社輸送実績
【 東京 】無車検、救護義務違反根絶へ/都個協理事会、指導強化を要請
【 東京 】白タク合法化の「突破口」/自家用有償拡大で自交総連「見解」
【 東京 】18年度1兆8874億円/シェアエコ協会が市場調査結果
【 福岡 】宮崎全県の運改審査へ
Faxpress 関西版
 5・5遠割是正、近く結論?
    オービーシーG、乗務員の4分の3超が賛意

【 大阪 】オービーシーグループ(中原三朗代表、東大阪市、103両)は近く、5・5遠割の是正について最終方針を決定する。今月上旬に実施した乗務員アンケートでは回答者の8割近くが是正に賛意を示しており、近日中に開く社内会議で異論なく合意が得られれば、10月1日の新運賃との同時実施で「期限」とされる6月末を念頭に方針を定め、全乗務員に周知するもようだ。
 アンケートは4月第1週に、各営業所の全体点呼で趣旨を伝え、初乗り短縮による運賃改定、5・5遠割の是正について、「任意・無記名」で実施。99人が回答を寄せた。5・5是正については50人が「5・2への変更」に賛意を示し、「5・5継続」は24人にとどまった。「遠割なし」18人、「9・1」7人を加えれば75.8%が是正に賛成している勘定だ。
 中原氏は12日、本紙記者との懇談で「意見が拮抗するかと思ったが、そうではなかった。私個人としても前々から適正労働に適正利潤が担保されないような5・5遠割は異常だと思っていた」とコメント。服部順一・総務部長も「日報を見ても夜で5000円超えは1 <記事詳細へ>
〔4月13日号関西版掲載〕 

2019年4月13日号 関西版 ニュースヘッドライン
【 大阪 】5・5遠割是正、近く結論?/オービーシーG、乗務員の4分の3超が賛意
【 大阪 】配車アプリは各社判断/交友会協組「統一せず」
【 大阪 】呼出電話、新たに2施設に/大阪無線、府下289台
【 神戸 】若年雇用と高齢者雇用を併存で/松崎・兵庫陸運部長
【 神戸 】新規発行の減少続く/神戸市議の運転者証交付
【 神戸 】マナー向上の対象地域拡大/兵タクセン、次回会合で確定へ
【 大阪 】関協、防犯ボード発注
京都 】歩合給による残業代処理/大阪高裁判決、会社側敗訴
【 大阪 】府警本部交通部長が日タク訪問/G20対策などで懇談
【 大阪 】業界団体総会もシフト
【 大阪 】「1日1車4件程度」/DiDiアプリ導入の一番
【 奈良 】高円交通が本社移転へ
【 奈良 】ハラスメント条項追加、さらに1社
【 神戸 】兵個協が陸運部長表敬
【 大阪 】泉州交通圏で新規許可申請

Copyright(C) 2009 kohtsukai Co.,Ltd All Right Reserved  株式会社 交通界  無断転載禁止